2017年03月29日

深在性膿皮症

2月の初めにできた波琉太の左腕の皮膚炎、治る気配が見えません。
皮膚炎について二度目に病院に行ってから→「腕の皮膚炎」2017.3.11
ステロイド入りの薬を塗っていたのですが、
それから3週間経ち、また目立ってきたように思ったので、
IMG_8294.JPG
またまた病院に行きました。
前回は皮膚の表面組織に検査でしたが、今回は中の組織の検査をするため、注射器登場です。
IMG_8354.JPG
中が固くなっているので、そこを採ってみると、
IMG_8355.JPG
悪い腫瘍とかは出ませんでしたが、細菌感染を示していました。
IMG_8356.JPG

針を刺されて意気消沈の波琉太は、父さんにこちょこちょされて機嫌を直します。
IMG_8366.JPG

ここで出た病名は深在性膿皮症です。
私もこの病名に納得がいったので、これで治療方針が固まったと思いました。
大抵の膿皮症は皮膚の表面で起こりますが、深在性では深いところで炎症を起こしています。
菌なので治療は抗生物質ですが、
強い物を長く与えないといけないので、今は塗るもので様子を見ています。

診断から1週間、まだ注射針の傷跡の大きなかさぶたがあります。
わかりやすいように患部の毛も剃っていますが、脱毛はありません。
IMG_8468.JPG
これで治らないといよいよ、抗生物質の投与になります。
通常の2倍、1ヶ月ほどの投与になると聞きました。
なんとか体力で、自然治癒とならないかと願います。

フレブルの皮膚の弱さよハルかかる大きな皮膚炎これで3つ目

かさぶたの1つもなきに皮膚の奥炎症起こしハルもう二月

悪きくじ引きたくはなし炎症の軽くすめよと願うハルなり

次々と新し名前憶えたりハルかかりたる病気検索

服薬のハル大嫌い皮膚炎の飲まずに治れ体頑張れ

波琉太は毛並みを褒められることも多く、
ブツブツができることもほとんどなくて、指の間などもきれいで自慢なのですが、
別の意味で皮膚が弱いです。
抵抗力とか免疫力が弱っているとかかるそうで、要は体力でしょうか。
毎日気をつけて生活しているつもりなのですが。
波琉太の体、頑張れ!
IMG_8469.JPG

myインスタグラム⇩
Instagram
    にほんブログ村    フレンチブルドッグひろばフレンチブルドッグひろば
posted by ちゅんこ at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 体・健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448514501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック