2017年03月11日

腕の皮膚炎

先月の記事→「皮膚の炎症」2017.2.22で書いた腕の皮膚炎ですが、
ちょっと治ってきたため薬をサボったら、また赤くなってしまいました

再度受診したのが1週間前でした。
診察を勇ましく待つ波琉太。左腕の付け根近く、毛が抜けて赤いのが皮膚炎です。
IMG_7506.JPG
ひどくはなっていない、ましにはなっているのですが、
発症から1か月経ち、それでも心配なので組織を顕微鏡で診てもらうことに。
IMG_7510.JPG
検査結果を待っています。
余裕で診察台座ってます。左腕の赤いのはを皮膚炎で、治りにくいです。途中で薬塗るんサボったからな〜反省😩金曜日に。
The animal hospital.
#フレンチブルドッグ#フレブル#FB#フレンチブルドッグフォーン#フォーン#ブヒ#波琉太#はるた#こぶたファミリー#イケメン#haruta#frenchbulldog#frechbulldogfawn#frenchie#BUHI#Todaysブヒ#犬バカ部#buhigram#frenchgram#frenchies1#法国斗牛犬#いたみ犬猫病院 
ブログにお話書いてます。
なぜか30分以上待たされ、なんか悪かった?などと思いましたが、
IMG_7513.JPG
結果、悪い腫瘍とかは考えられず、生研の必要もないという診断でした。
良かったです
薬を止めたのがいけなかったようで、全く跡がわからないくらいになるまで、
ずっとつけ続けるように言われて帰ってきました。
このような皮膚炎の見極めは、ひどくなってくるかどうかだそうです。

それから1週間後の腕です。
IMG_7687.JPG
赤みが薄れ、固くなっている部分が小さくなりました。
治りが遅いですが、ステロイドで治るっていったい何なのでしょうか

検索す赤いとしこりで皮膚炎を恐ろし文字に眠れぬ夜更け

ステロイド使いたくなく皮膚炎の治らぬハルにわれ反省す

皮膚片を取りて検査の待ち時間30分過ぎ不安のつのり

悪き物見つからざるの言葉聞きほっと安心ハル大丈夫

診察室でも、待合室でも元気な波琉太は、
お友だちの匂いを嗅いで、口が泡々になっていました
IMG_7503.JPG
ひとまず安心。今度はサボりません
myインスタグラム⇩
Instagram
    にほんブログ村    フレンチブルドッグひろばフレンチブルドッグひろば
posted by ちゅんこ at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 体・健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック